記事一覧

クーリング・オフの書式の書き方

クーリング・オフと内容証明郵便
クーリング・オフにより契約を解除する場合、業者に対して電話や口頭で伝えても駄目のようです。契約解除は書面でしなければなりません。解除の通知を書面でしたことを証拠として残しておくために、配達証明付の内容証明郵便にしておくと確実です。

①内容証明の用紙は市販されていますが、一行二〇字以内、一枚二六行以内(横書きの場合、一行一三字以内、一枚四〇行以内、または一行二六字以内、一枚二〇行以内も可)の文字数と行数を守れば、どんな用紙に書いてもかまいません。
②ボールペンによる手書き、タイプ、ワープロ、どれでもかまいません。数字、句読点、記号も一字として数えます。
③訂正がある場合は、間違えた個所を二本の線で消して書き直しますが、欄外に「○字削除○字加入」といった注記を書き訂正印を押します。
④文面が二枚以上になる場合には、割印が必要です。
⑤同文のものを三通作りますが、これはコピーやカーボンを使って作成してもかまいません。
⑥内容証明郵便の費用は、内容証明料四二〇円(二枚目からは一枚ごとに二五〇円増)、書留料四二〇円、通常郵便物の料金八〇円(定型二五グラムまでの場合)、配達証明書料三〇〇円(差出後の証明は四二〇円)で、最低でも一二二〇円かかります。